2012/02/10

いよいよ!

日付も変わって明日からは、『中津の家』のオープンハウスです。
櫻木さんのwoodland http://woodland.daa.jp/の完成見学会
3ce7f0f9caa53ef81f30-L.jpg
と、
小たかせaohttp://www.takaseao.com/のコラボ的企画。
たかせao的には、
woodland + takaseao OPEN HOUSE
2012.02.11.sat. ~02.12.san. 2days
EXPERIENCE WITHOUT PREJUDICE VOL.6 (the Last Dance)
普通の家 ~平均律から前近代的、構築~
あるいはパラノイアとフェティシュによるブルース

というカンジ。

関西風味の見え隠れする「複雑系」「多矛盾系」住宅建築。
とかなんとかいう感想をもたれるのかしら?

最近は、ここ大分県などでも似たような価値観での建築が主流なように感じます。
東京のメディアの影響下で、建築を学ぶ人が多いからでしょうか?
そんな中ぼくは、今でも関西の一部の建築が好きです。
多様な価値観のもと、ひとりひとりが「ただつくり続ける」

もう少し前は、「コルビュジェが好き。ミースが美しいと思う。だけど、感動するのはライト。カーン。バラカン。スカルパ。アアルト・・・」そんな会話をしていた気がする。

変わっていくもの。変わらないもの。普遍性や真理、美はどこにあるのだろう?
難しいことはワカラナイケドこんな世の中で、正しいのはいつも消費者の方なのだろう。か?
OPEN HOUSE2012_3

woodlanndのサイトに一足早く竣工写真がアップされてます
http://woodland.daa.jp/cn22/h3.html
関連記事

コメント

非公開コメント