--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/08/26

インフレーションとヒトリゴト

大分アトリエを開設してから、1年が経ちました。
「まぁ、店を出しても半年くらいは、なぁんにも(仕事も)ないだろう。。」と
思っていましたが、、おかげさまで最初からバタバタしてます。

本店のある津久見のほうは、アイカワラズです。(キビシーです。。)


さて、原油価格が高騰してから、各建材のほうも値上がりを続けてます。
でもって、ここ地方都市の大分では、建築案件の予算が厳しさを増して
いるように感じます。

また、大気汚染なども実感します。
白い外壁を選ぶのにも、勇気がいります。
同時に建物のメンテナンスの重要性も感じます。

「安くて良いもの」など、たぶんないのでしょう。
適正価格というものの大切さを実感します。
同時に「メンテナンス・フリー」の素材もありません。

生活のために、お金は大事なものですが、有限な地球環境を意識して
ひとりひとりが環境に負荷をかけないように心がけないと、いろいろと
手遅れになってしまうでしょう。

昔から、この国でも(どの国でも)行われていた、もっとスローなライフスタイルなら
可能かもしれない。
20年前では予測もつかないようなことが、現実に起こってます。
宇宙旅行しかり、携帯電話しかり。

価値観の変化や生活のスピードの変化の中で
美しい建築技法や愛でるべき素材を使いにくくなってきてます。
目先の簡易なものを選ぶことが、これらの文化や技術を絶えさせてしますかも
しれません。

経済(お金)と文化・環境は、物事の裏と表のように感じます。
どちらかだけを見ると他方が見えにくくなるが、両方とも大切にしないと
それ自体がダメになってしまうような。。

こだわりをもって、エゴイスティックにならずに、ニヒリズムも捨てて。。。

ほんとうに幸せな落ち着ける空間のあるべきカタチとは?
手に余る大きすぎる難問の前で、それぞれのクライアントの笑顔を思い浮かべながら
ボクは、いつか納得のできる1枚のスケッチを描くことができるだろうか?

そんなことを思いながらも、立ち止まるわけでもなく、雑多な渦のなかで
今日も昨日の続きの図面を描き、進行中の現場に立つ。
風は心地よい。

サーフィンがしたい!!!
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。