2010/02/28

津久見

ボクのふるさと。
今も、両親が住んでいる。
年々人口も減少し、街にすっかり人がいなくなってきている。
何が問題か? 何かが問題なんだろう。 あるいは、すべてが。。
高齢化、そして、過疎化?
しかし、元気な企業もいくつかある。
ボクらのアトリエもあるが、数年前から大分市にもアトリエを構えてからは、
いることが減ってきた。

日本のほとんどの地方の町が抱えている問題と同じ問題を抱えている。
ハードもソフトも。
年配世代の価値観の遅れ? 若者のニヒリズム?

ラブ&ヘイト。
それでも、ボクの街である。
ヘイト&ラブ。
何かできないだろうか?

あせってもうまくいかない。
のんびりしてても変わらないだけではなく、悪くなっていく。
今、、、
スポンサーサイト
2010/02/21

風邪が流行ってます。。

寒くなったり、暖かくなったりで。

わが家のJr。も、ゼロゼロ言ってます。。

苦しいのか、不安なのか、、あまり眠れないようで、、、

・・・ボクも寝不足デス。。


みなさま、まだまだ寒い日が続きます。ご自愛くださいませ
2010/02/19

久しぶりに

連日、打ち合わせが、、日付を超えてます。。。

みなさん、ありがとうございます。
よい結果に結びつくと良いのですが。。。。

お待たせしている皆様、スミマセン、、、
もう少しだけ、時間をくださいませ。。。。。。。
2010/02/18

気を取り直して、、

いくつかの新しいプロジェクトに着手してます。
無事誕生できるか!どうか?

もっと、楽しい住環境になるといいなと、アイカワラズ思います。
みなさん、できればもっと建築や都市に関心をもってください!
基本的に楽しいものですよ。

チャンスは、ここ、そこにあります。
切り口しだい! キセイガイネンにとらわれず、柔軟な自由な発想を持って。

ものを造ることを楽しみましょう! 
それから、アタリマエのことを自分でしっかり考えましょう。
なぜ、ものごとが成り立つのか? ものの値段がどうやって決まっているのか?
けしてすべてが正しくはない社会ので、自分はどんな人生を送りたいのか?
2010/02/14

移転先の大分アトリエ

日本庭園


移転先の大分アトリエの作業場は3階です。
なぜが日本庭園があります。
県庁のすぐそばですが、野鳥がたくさんいます。
↓は、ツグミ

つぐみ4

↓そして、メジロ

めじろ

その他にも、ハクセキレイ、キビタキ、シジュウカラ、ヒヨドリが来ます。
もちろん、一番多いのは、スズメ↓



すずめ1

よく見ると、カワイイです。
2010/02/13

少しずつ

調子が悪く、メンテをお願いしていたPCが帰ってきました。

ので、ちょっとずつですが、ウェブサイトなども更新していきます。
2010/02/10

元気

「今、ここ」に、あるもので

できるだけ楽しく、遊ぶ。

もちろん、大人だし、、経済的にもカツカツだし。。。

だから、「成り立つように」遊ぶ。



「そこにしかないもの」で、遊ぶ。
2010/02/09

ホテル

観光の街には、観光ホテルがありその街の名物料理を用意する。
観光の街には、観光客用のお食事処がある。

どこにでもある地方都市には、どこにでもあるチェーンのビジネスホテルがある。
多くは「宿泊特化型」で、食事はナシか同じ資本が経営するファミレスか。



旅人の多くは、旅行代理店のお手軽なパッケージ・ツアーなどを利用する。
観光ホテルに泊まった観光客は、ホテルで用意された食事を食べる。
街には出ない・・・観光の街の飲食店の悩み

どこにでもある町の老舗旅館は、宴会のできる広間があるがニーズは減少傾向で
チェーン展開のホテルのほぼ均質な、しかし荒海ともいえる競争にどう立ち向かうか?
悩んでいる。


ボクらの仕事は、不景気で不機嫌な今、悩んでいる人の側でスタートすることが多そうだ。
2010/02/08

もうちょっと!

無事、オープンハウスも終わって、残すはウッドデッキ工事と植栽工事です。yuppo1.jpg
2010/02/08

大切なこと

たとえば、、終末医療の現場・ポスピスなどの施設の設計をするとき。

どのようなことを考えるか??

以前、かかわった現場で学んだことは、『看取りの場』というの問題を避けては通れないということ。
原則、これらは在宅復帰を目指しそれを支援するのが目的だけど、、
昨今の社会情勢では、親を子が家庭で看取ることが難しいケースも少なくないだろう。
「死」をタブー視する時代は終わったと。
「死」を考えることは、「生きかた」を考えることだと。
 
そこに、どんなデザインが与えられるべきか?
明るい共同住宅のようなものか? 落ち着く自然な空間か? はたまた、、、

送るほうも、送られるほうも、、安心できるような環境でなければならない。

あまり簡単には使いたくないコトバだけど、そこに「許し」と「癒し」があるといいなと思う。

入居者にも、そのご家族にも、そこで働くスタッフにも喜ばれ、笑顔が降り注ぐような、、、
そんな日常のさりげない演出ができればいいなと思う。
2010/02/01

ありがとうございました!!

上野ヶ丘 S邸のオープンハウスは、無事終了しました。
2日間ありがとうございました!大盛況でした!!
関係者の方、おつかれさまでした。 


普段では、なかなか聞く事の出来ない感想を、直接聞く事が出来
とても有り難い内覧会でした。
また縁がある事を願いつつ、逢える日を楽しみにしています。


家具&キッチンは、TODAKA WOODSTUDIO
漆喰は、丸京石灰
そして建築は、D.KANZAKI Carpentry(ウェブサイトなし)
でした。

その他の工事に係わった多くの方、これからまだまだ係わる方々へ、
多謝!!LOVE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。