2006/12/20

けんちくは置いといて

先日のオープン・ハウスの時に、、、
『ながしてた音楽は何?』という、質問が多かったので紹介。

■G.LOVE のTHE HUSTLE

■ANI DIFRANCO のKNUCKLE DOWN

■DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN のSTAYIN'ALIVE/FAME/PAN-AMERICAN BEEF STAKE ART FEDERATION 2
(↑みなさんが質問されていたのは、たぶんコレかな?)

■JOHN CAGE のSONATAS & INTERLUDES FOR PREPARED PIANO
(たぶん、これ聴いてたときは誰も居なかった、、)

■JACK JOHNSON の THICKER THAN WATER のサントラ


なお、タカセが誰も来てくれなかったら、マーヒーなので
勝手に聴いていただけデス。。


 

2006/12/19

こんなに小さかったっけ、、

10年ぶりか?もしかしたら、20年ぶりくらいか??
大分トキハの店内に入った。。

ならば、確認しなきゃ、、まだ、そこにあるのか!?

夢の、、

屋上プレイランド
06-12-19_13-20.jpg

2006/12/16

新装開店

うちの事務所じゃなくて、、中華料理屋さん!

臼杵から大分へ
遠くなったのは残念だけど、、どうしても『すましラーメン』が食べてくて!
06-12-15_20-31~00.jpg

06-12-15_20-30.jpg

06-12-15_20-31.jpg

今日がオープンとは知らずに行ってラッキー!な気分♪
スタッフのみなさんも、いい緊張感が。


『すましラーメン』
06-12-15_20-05.jpg


美味すぎて、近くに引っ越ししようかしら?
ブログもどうぞ
http://plaza.rakuten.co.jp/kamonraumen/
2006/12/16

さいん

061214

仕事も、なかなか進まないんですが、、
気分転換にK専務を訪ね、、、、

そのまま、製作開始!
いや、やっぱ最後に頼りになるのはこのヒトです。

新事務所のサイン
06-12-14_19-20.jpg

06-12-14_21-13.jpg


3時間ほどで完成!!
06-12-14_21-21~00.jpg


久しぶりに、うれしー出来事
2006/12/12

昨夜の出来事

ブラザーのイナダ家に、、
なんと第2子が誕生!!
おめでたう~♪♪
2006/12/05

感謝感激

先日はお寒い中、オープン・ハウスに
ご来場いただきありがとうございました。

充分な告知や案内もできなかったのにもかかわらず、
特に最終日の2日目は、ちょっと考えられないくらい
たくさんの方々に見ていただけました。

特に同世代の方々から現場で(またはメールで)の
あたたかい激励のお言葉に身の引き締まる思いでした。

本当にアリガトウゴザイマシタ!!
2006/12/03

ついに!

縁あってタカセが最初に勤務し、ケンチクのいろはを学んだ師匠のところのサイトが出来ました。
今は、遠く離れてしまいなかなか遊びに行けないので、サイトでご活躍ぶりを拝見できるのはウレシーです。

長瀬信博建築研究所 http://homepage2.nifty.com/nnad/

トップページに使われているのは、タカセがペーペーのスタッフ時代に担当させていただいた住宅の1シーンです。。なつかしー
2006/12/03

1日目、終了!

K’s_flat、オープン・ハウス初日。

寒い中、予想以上にたくさんの方に、足を運んでいただきました。
アリガトウゴザイマス。

貴重な生の反応が得られ、たいへん有意義に感じました。
明日が最終日の予定です。
ご多忙とは思いますが、気が向きましたら是非!

スナップ・ショットをアップします。

open_h_0.jpg

open_h_1.jpg

2006/12/01

【緊急告知】REVIVE!

本日オープンのREVIVE!
オープニング・アクトは、県内ナンバーワン・バンドの1つ
 ストリート・シャッフル
です。
9時半ごろから!たぶん入場無料(不確かデス??スミマセン。。)
2006/12/01

K’s_flat,、完成見学会。当日配布資料より

「中庭のある平屋に住みたい。」
「タタミの部屋が生活の中心になる」
そんな家族の希望から、設計はスタートした。

広い敷地の境界線が真南と約30度ずれていることから
太陽を中心に自由に配置し、外部とのつながりを重視した。

いつものことだが、予算は限られている。
もう一部屋欲しかったが、将来増築のための余白とした。
造りこむべき外部空間も家族のDIYに任せることになった。

「昔ながらの家づくりがしたい。」と思いながらも、
大量生産品のコストパフォーマンスに頼らざる得ない部分が大きい。

バランスのとれた設計とは「物事の良い面に光をあてること」だと思う。

外壁に2色の色つきの廉価なパネルをランダムに貼った。
塗装両面が耐用年数に近づけば、1色に(または違うランダムに)塗り替えられる。
建物にメンテナンスはつきものだから。

増築され広さが変わり、
植物が植えられ庭が完成する。
外壁の色が変わる。

家族とともに、おうちも成長する。


ローコスト住宅に、設計者は何を見るべきか?
「今、ここ」に出来た空間に何をヒトは感じるのだろうか?

目に見えるものだけを見てはいけない。
偏見なしに体験してください。

最後に、限られた予算のなか粘り強く工事をしてくれた、たくさんの工事関係者に感謝! LOVE